丸ちゃん

丸ちゃん詳細

造作木製キッチン VS システムキッチン


DSC_5756

 

今日は、わくわく楽しい、

そして、悩ましい、こだわりたい、

キッチンについてです。

 

色々な素材、デザイン、形状があるわけですが

今日は、

システムキッチンと造作木製キッチンとを

比較してみようと思います。

 

皆さんは、どちら派ですか?

 

現在、三宅建築工房では、およそ7割のお客様が

造作キッチンをお選びで

3割の方がシステムキッチンのようです。

 

DSC04671

まず造作キッチンの魅力としては

自然素材で作り上げる、弊社の家の中では

統一感を生み出せること。

 

造作水屋とのコーディネートで

一層の統一感が生まれます。

DSC_1846

こちらも造作のキッチンです。

 

収納の取手を黒のアイアンにして

あたたかみの中に、シャキッと感で

かっこいいですね。

(ちなみに、キッチンの床は、防水加工をしている

ハイブリッドの床ですので若干のテカリがございます)

 

DSC04668

5年も経過すると、このような飴色に。

傷や汚れが少々ついても、深みを増し

愛着が生まれます。

 

2

それから、職人によるメンテナンスが可能

ということも、魅力の一つです。

 

シンプルな構造であることで、

長く使うことができ、

どこかに不具合があった場合は、

そこだけ取り替えることも可能です。

 

木の温もりを感じることができ、

引き出しや収納の大きさを

暮らしに合わせて製作できる

オリジナルキッチンとなります。

 

キッチン天板については、

弊社は部材仕入れをする為、

ステンレス、人造大理石、セラミックなどから

お選びいただけます。

 

気になる点としましては、

収納力や快適性。

 

引き出しは、普通のレールですので

「ソフト久ローザ―」のように

静かに閉まったりがありません。

3

 

それから、シンプルな構造ですので、

収納の中にポケット収納がある・・・などが

できにくい場合があります。

 

重たい鍋が、どのくらい入るかなど、

引き出しの大きさによっては、

レールに不具合がない程度に

お鍋の数をいれていただく必要もあります。

 

そのあたりは、是非、

ご入居されたお客様訪問ができます

「暮らしの見学会」にて確認していただきたいです。

 

実際に使われているお客様の声が

なにより参考となると思うからです。

(暮らしの見学会は、随時ご予約をお受けしています。

お気軽にご連絡ください)

 

 

DSC_9602

 

つづいてシステムキッチンです。

こちらは、リクシルさんの最高級キッチン、

リシェルSIのシリーズを入れたお宅です。

セラミックのトップに、ドアは落ち着いたダークオリーブ色。

無垢材の室内にもよく合います。

 

ただ、こちらのシリーズは、

もちろん金額も最高級(^ ^;)

 

4

引き出し内は、こんな収納力。

魅力的ですね~。

 

5

底板がステンレスのタイプもあり、

お手入れのし易さも魅力です。

 

システムキッチンは、扉の質感、数やデザインによって

価格の差が随分ございます。

ショールームに行くと、色々なデザインもあり、

良いなと思うと、価格も良かったりします。

 

そんな時は、冷静に見極めるために、

やはり、実際使われている方のお宅にいったり、

使い込まれた声をきいたりするのが

最善かと感じます。

 

システムキッチンの場合は、扉や食洗機

に不具合があった場合は

それだけ取り替えることが、

造作キッチンよりも難しい場合があります。

そのような不具合は

10年以降になるでしょうか。

 

 

さて、

 

皆さんは

造作キッチン派でしょうか?

システムキッチン派でしょうか?(^ ^)

 

 

 

「子供を育てる、家を造る。」

三宅建築工房

HPはこちらから↓
miyake-koubou.com/

飯塚市の注文住宅
木の家をつくる工務店

 

_SH73703_R

 

福岡県飯塚市椋本にて2006年創業

杉を使う。パッシブデザインをする。

を2大テーマに現在2018年5月で13期目

 

 

【企業理念】

 

「子供を育てる、家を造る。」

家を造るコトと子供を育てるコトを
同格に捉え 我々は真摯に
家造に取り組みます。

子供とは常に変化し 成長するもの、
絶え間なく変わり続ける
自然のようなものと
捉えています。

技術や価値観が急速に変化していく中
自身や周りの変化を積極的に受け入れながら
笑顔をもって 他との意思疎通をはかり
顧客にとっての豊かな暮らしを提案します。

我々は 豊かな暮らしを提案することが仕事であり
受動的でありながら
主体性を発揮する組織です。

 

10

 

【業務内容】

 

「豊かな暮らしのご提案」
温熱環境に特化し 自然素材で仕上げ
パッシブデザインを設計の軸にした家づくり。

1 パッシブな新築住宅の設計施工
2 既存住宅の買い取り パッシブリノベし再販
3 お客様の住いのお困りごと相談 改善提案
4 アトリエMにて豊かなコトの提案

 

baba_tei-053

 

1 パッシブな新築住宅の設計施工

 

Heat 20 G 1 グレードを基準とし 
飯塚市内において
冬場の最低気温が0度の時 
無暖房6時間で-4度の家を目指して造る。
夜11時に20℃で暖房を止めて
明け方5時に16度。
無垢材 ホタテ漆喰で室内を仕上げる。

 

2 既存住宅の買い取り パッシブリノベし再販

 

今ある中古住宅を買い取らせていただき
温熱環境を改善し
自然素材で新たに価値を付け加え
再販する。
使えるものは使い 直すところは直す。

現在買い取り物件募集中。

 

 

DSC04068

 

 

3 お客様の住いのお困りごと相談 改善提案

 

地域に根差すものとして 関わりをいただいている方の
住いに関する悩み事を解消したい。
困っていること 悩んでいること こんなことしたい!
いつでも ご相談ください。
店舗併用住宅 事業関連建築も。
今は 事業計画も無料で相談に乗らせていただいています。

 

4 アトリエMにて豊かなコトの提案

 

「五感がよろこぶひとときを・・・」
をコンセプトに、
人が集まり、豊かな時間を過ごすためにうまれたAtelier.M。
三宅建築工房のコンセプトを発信しつつ、人々の持つ「五感」が
豊かに喜ぶ、そんな空間となりますように
食文化の講習や習い事の教室、コンサートなどの
イベントを開いております。
miyake-koubou.com/atelier_m/

 

8

 

【施工範囲】

 

事務所から1時間の範囲
筑豊地区
北九州地区南部
京築地区西部
福岡地区東部
筑後地区北部 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

株式会社 三宅建築工房

住所
〒820-0077
福岡県飯塚市椋本594-25
TEL 0948-25-3334
FAX 0948-25-8228

当社Facebookはこちら
http://on.fb.me/1OuU9N4
  • 社長ブログ
  • staff Blog
  • atelier.Mの Blog
  • facebook
  • twitter

トップへ戻る