素材編こだわり

大工の技で自然素材を生かす

我々のつくる家は、木造在来軸組工法です。

これは、古くから日本にある工法を発展させたもので
高度な大工技術を要します。
土台、柱、梁、筋交いなどの構造材を
耐震性を考慮した金物とを組み合わせて作り上げるものです。

それは、
高温多湿な日本の風土に合わせた家づくりともいえます。
国産の材料にこだわることで、
より、日本人の暮らしに馴染み、
世代を超えて住み継がれる家を目指します。
自社大工チームが結集することで、
それらの技、想いを継承していきます。

左官職人の技術

左官仕事は、時間と技術を要します。

材料を見極め、下準備に手間を惜しまず
美しさにこだわることで
心地良い室内空間と
魅力ある佇まいに仕上がります。
昔からの知恵と今の技術をかけ合わせ、
さらなる新しいものへ、
挑戦を続けています。

  • 社長ブログ
  • staff Blog
  • atelier.Mの Blog
  • facebook
  • twitter

トップへ戻る