Staff Blog

Staff Blog詳細

【飯塚市・注文住宅】どうして注文住宅を建てるんですか?


40532559_543024359451479_800777432360550400_n

 

ご無沙汰をしております、丸茂です。

 

今日は、飯塚信用金庫さまが主催しています

「いいしん未来塾」という講座の、最後のコマに

参加してきました。家づくりのお勉強ではなくて

なんと・・・・経営のお勉強です。まさか、私が・・・です。

今年は、こういった学びを何度かいただく

機会がありました。大変ありがたいことです。

 

そこで、同じテーブルになったある方から

 

「どうして、注文住宅なのですか?建売りは

難しいですか?」という、問いをいただいて

急に、原点に引き戻された気持ちになりまして

新鮮な気持ちになりました。

 

「創業当時から、飯塚市で、パッシブデザインで、杉をつかった

注文住宅をつくりたくて、三宅が立ち上げたものですから・・」

 

と、我ながら一生懸命(?)説明したつもりでしたが

隣の人の顔を見る限り、「ガッテン」という感じでは

ありませんでした。

 

きっとその方は、経営的視点から

建売り住宅を販売するのか、注文住宅をつくるのか、

どちらがよいのか、問うてくださったのだと思います。

それは私には難しい問題ですが、

 

なにはともあれ、

こんなにこだわって、注文住宅をつくり続けているんだよね~と

あらためて、しみじみ、その方の問いのおかげで思ったわけです。

 

最近、久しぶりに、新築工事の営業担当を1件受け持たせていただいております。

リフォーム工事の担当も、数年前から、何件かさせていただいていたのですが

新築物件は、およを5年ぶりであります。図面の枚数や決めることが非常に多い

注文住宅。不備がないか、ご契約を前に、ドキドキを周囲に隠せない

私でありますが、打ち合わせを重ね、図面が出来上がっていく毎に

わくわくが、自然と湧いてくるのがわかります。

 

3-1

1物件につき、このように資料が増えて参ります。

打ち合わせ図面や、金融関係の資料、土地、写真、参考資料など様々です。

 

2-1

そして、いよいよ工事が着工しますと、このように

現場用の図面ができあがり、製本され、

こちらを持って、現場に行くのであります。

 

こちらの表紙が破れたハズカシイ製本図面は、

昨年関わらせていただきいました、リフォーム物件のもので、

なぜ破けたかわかりませんが、とにかく、このようにヘタってきます。

これも、お客様の想いを形にする!という

パッションの勲章であります。

 

注文住宅では、真っ新な状態から、図面をひきますので

この世の中に1つとしてない、その家族の為のお家ができあがります。

 

お客様の、「こうしたい、ああしたい」という想いを形にするのが

醍醐味ですが、

「言葉にならない想い」というものが、あるのだと

思います。その想いに寄り添い、最適な「ご提案」ができるか

まだまだ・・・なところも多数ですが

チームで、力合わせて、作り上げていきたいと

気持ちあらたにした

 

「どうして注文住宅を建てるんですか?」の

問いでした。

 

5

現在工事中の、飯塚市の現場です。

 

4

 

こちらは、桂川町の現場です。

 

この週末も、どうかご安全に!

 

 

 

 

 

株式会社 三宅建築工房

住所
〒820-0077
福岡県飯塚市椋本594-25
TEL 0948-25-3334
FAX 0948-25-8228

当社Facebookはこちら
http://on.fb.me/1OuU9N4
  • 社長ブログ
  • staff Blog
  • atelier.Mの Blog
  • facebook
  • twitter

トップへ戻る