Staff Blog

Staff Blog詳細

シンプルな家造り。2


 一昨日と昨日は、

新築展示会を無事に開催することができました。

 

ご来場いただいた皆様、ありがとうございました!

 

 

インスタ用

 

 

1

 

 

営業の福崎です。 

 

さて、先週は、QUALIAの断熱方法をお伝えしました。

今回はその続きで、

断熱性能について書きたいと思います。

 

 

まず、私たちが目指す住環境は・・・?

 

 

外気温が5度

暖房で室温を20度にして

夜11時にその暖房を切って就寝したとし、

 

翌朝5時になったとき、

室温が13℃までしか下がっておらず、

寒がらずに着替えたり、

素足で歩けたりする状態です。

 

家全体であたたかさが均一に近く、

身体への負担が少ない環境づくりを目指しています。

  

 

専門的な用語では、

Q値とUA値で表すことができます。

 

どちらも、室内からの熱の逃げやすさを表しますが、

Q値は、床面積当りで測ったもの

UA値は床・壁・屋根の総面積で測ったもの

という違いがあります。

 

どちらも、数値が小さいほうが

熱が逃げにくく、

断熱性能が高いと言えます。

 

従来の仕様では、

Q値:1.7

UA値:0.49

 を標準としています。

 

そして、 

QUALIA第1棟目のお家では、

Q値:1.83

UA値0.36

という結果でした。

 

 断熱研究機関の「HEAT20」という基準では、

従来仕様も、QUALIA仕様も、

九州や四国の気候の場合、

冬に15度未満になる割合 20%

冬の最低の体感温度 概ね10℃を下回らない

というグレードに相当します。

 

QUALIAのUA値に関して言えば、

青森や北海道で

15度未満になる割合が3~15%

最低の体感温度が10~13℃

というグレードに相当しています。

(下表の緑の点がQUALIAの数値位置です。)

 

 

 

 QUALIA1棟目のオーナー様は、

断熱材を施工したあとの

12月の現場での打ち合わせでも、

「家の中があたたかい」と驚いていらっしゃいました。

もちろん暖房はありません(^^)

 

断熱材だけでなく、

高性能の断熱サッシや、高い気密性も

断熱性能には欠かせませんが、

それらも

QUALIAでは標準で施工いたします。

 

・性能の良い家に住みたい

・細部まであまりこだわらなくてもいい

・できるだけ早く家を建てたい

・コンパクトな家がほしい

・予算をできるだけ抑えたい

 

そんな方にぴったりなQUALIAです(^ ^)

どうぞお気軽にお問合せください。

 

 

————————-

株式会社三宅建築工房

飯塚市椋本594-25

TEL:0948-25-3334

————————

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

株式会社 三宅建築工房

住所
〒820-0077
福岡県飯塚市椋本594-25
TEL 0948-25-3334
FAX 0948-25-8228

当社Facebookはこちら
http://on.fb.me/1OuU9N4
  • 社長ブログ
  • staff Blog
  • atelier.Mの Blog
  • facebook
  • twitter

トップへ戻る